TOP > 特集 > おいしいぬか漬けのつくり方

おいしいぬか漬けのつくり方

ぬか漬けづくりを始める前に、ぬか漬けの基礎知識を学ぶ座学からスタート。 「発酵❤茶会」の内海裕子さんを講師に迎え、ぬか漬けの歴史や栄養、乳酸菌のパワーについて、目からウロコのお話を伺いました。

ぬか漬けは栄養豊富な伝統食品

ぬか漬けの歴史は江戸時代にさかのぼります。ビタミンB1を豊富に含む米ぬかをつかった発酵漬物「ぬか漬け」は、当時流行していた「かっけ」を防ぐ食品としてもご家庭で重宝された栄養食でした。

ぬか漬けの大もとである「米ぬか」は、ビタミンとミネラルの宝庫。ビタミンB群やEのほか、マグネシウムやカルシウムといったミネラル類も豊富です。その栄養分が漬けた野菜に浸透するので、生の野菜より栄養価が格段にアップ。脳、神経、皮膚などを健やかに保つビタミンであるビタミンB1に関しては、5~10倍になるというデータもあるのだとか!

▲真剣な表情で講義を聞く妊婦さんたち。

腸美人こそがインナービューティの要です

ぬか漬けが注目されているのは、昨今の発酵ブームから。
ぬか漬けに含まれる植物性乳酸菌は、悪玉菌を抑制するなど、腸内の環境を健やかに整えてくれます。健康に保たれた腸内からは、食品の栄養をしっかり吸収しやすくなります。
さらに、腸内が発酵することにより、免疫力の向上や、肌や髪つやのアップ、スムーズなお通じなどといったうれしい結果に結びつきます。

▲子どものころから、健康的な食生活に関心があったという内海さん。講座はクイズ形式で和気あいあいとした雰囲気で進みました。

2014/03/20更新

↑ このページのトップへ
食材宅配のOisix
(おいしっくす)

日々のお料理がもっとおいしく&ラクチンに!ニンプス編集部ママスタッフも活用中です!!
無料保険相談の
ほけんの時間

家族の未来...保険はプロに相談♪全国対応★今なら6,000円プレゼント
赤ちゃん写真は「MyBook」
妊娠中やベビーのとびきりのショットを、写真集にしませんか?